あなたの診療を担当するドクターの紹介

ドクターの紹介院内紹介1院内紹介2アクセス

 

郡山智院長

1959年 仙台市生まれ
1978年 仙台第一高等学校を卒業
1984年 弘前大学医学部を卒業した後、慶應大学医学部産婦人科学教室に入り産婦人科一般と生殖医学、不妊治療に従事。特に不妊治療では子宮鏡下卵管内人工授精(HIT法)の開発に携わり、HIT法での世界初の妊娠に成功。医学博士となる。
1990〜2002年 8月 東京歯科大学市川総合病院勤務
2002年 4月 同病院にリプロダクションセンター開設時に副センター長を勤め、年間200から300件の体外受精を手がける
2002年 9月 大田原赤十字病院に勤務し、第二産婦人科部長
2004年 6月 石塚産婦人科院長就任

学位論文:「子宮鏡下卵管内人工授精」
資格:日本産科婦人科学会専門医
所属学会:日本産科婦人科学会日本生殖医学会日本受精着床学会

  院長先生メッセージ
 
 

石塚康夫副院長

1972年生まれ 栃木県出身 地元の三島小学校、三島中学校、大田原高校を卒業
1996年 東京慈恵会医科大学卒業
同年 東京慈恵会医科大学産婦人科学教室入局
2006年 東京慈恵会医科大学附属柏病院産婦人科に勤務
2011年 医学博士となる
2011年10月 石塚産婦人科副院長就任

資格:日本産科婦人科学会専門医細胞診専門医
所属学会:日本産科婦人科学会日本臨床細胞学会日本婦人科腫瘍学会
日本周産期新生児学会

  康夫先生メッセージ
 
 

加藤直子医師

1993年 秋田大学医学部卒業
同年 秋田大学産婦人科学教室入局
1999年 医学博士となる
2002年3月まで秋田で産婦人科医として研修
2002年4月に栃木県大田原市に転居
同年5月から2011年3月まで大田原赤十字病院産婦人科に勤務

資格:日本産科婦人科学会専門医
所属学会:日本産科婦人科学会日本緩和医療学会

  加藤先生メッセージ
私たちが診療をいたします。どうそ、よろしくお願いします。
石塚産婦人科出産漢方不妊症マタニティビクスプレマタニティフィット親子の絆

テンプレートのpondt